sayu_candy on twitter

Sayu_candy on twitter

    ふぉろーみー→

    2011年04月09日

    USTリレーDJ

    事後報告ですみません。先日の4/6に、USTでリレーDJというのをやりました。

    relayDJ.png

    リアルな現場はこちら。いやー、DJ中にキャプチャ撮っておけばよかった!そんな余裕なかったけど!
    この2画面の左右に、お互いのターンテーブルが写ってて、奥のほうで必死でレコード棚探ってる様が見えたりしまいたw

    ふたりぶんのUSTREAMを2画面で出して、左右で交互に曲をつないでいくの。
    以前から温めてて、やってみたいなーと思ってたのです。

    お相手は、vvvxxxさん。DEADCOPY(Vo)/プコトロン(Vo)/木という経歴(わかる方にはビビビッと来るでしょ!)。時々ライブハウスとかでご一緒したりします。
    氏のプロフィールにも「邦楽7インチが好物」とあるとおり、かなりレアなネタから王道までびっしり揃えてらして、時々UST DJされてるのを楽しく拝見してました。

    わたしも邦楽・洋楽問わず7インチがけっこう溜まってたので、なんとなくそんな縛りから試しにやってみましょう、という事になりました。

    USTやったことある方はご存知と思いますが、配信する時、自分のローカル環境と配信されてくる映像にはかなりタイムラグがあります。特にわたしのじむそは残念なADSLなので常時15秒程度遅れる。相手方も遅れる。
    2画面で左右がスムースに繋がって見えるためには、お互いがタイムラグ分を判断して早めに曲だし、相手の曲が出たらすかさすこちらの音源を絞る…、という作業の連続。しかも交互なので、相手が出してくるネタを聞いてから方向性を決めて、しかも7インチなので3分半以内に次のネタを発掘してスタンバイする…。これがけっこうたいへん。w

    ある程度想像はしてたのですが、予想以上に厳しい環境でした。ですが2〜3曲やってるうちにだんだんコツが掴めてきて、けっこういい感じに繋がったり。だんだん楽しくなっていく訳です。

    ふたりはリアルにDJを一緒にやったことはなかったので、相手の手の内は想像して作戦を立てるのですが、さすがvvvxxxさん、こちらがいっぱいいっぱいで振った変なネタにも、がっつりとカバーバージョンとかでフォロー。そこで負けじとこちらもさらに変な方向に…。気づけばテスト配信で2時間くらいかな、というつもりが、3時間くらいやってました。

    これ、2画面設定はほんとに簡単なので、UST慣れてきた方はぜひやってみてください。ほんとに楽しいですよ!それぞれ自宅からなので、急に「あのネタ使おう!」みたいな時にもフルで対応できたりして。

    わたしのUSTは、自分のソロの演出のUST版ライブとか、じょじの人形劇とかそんなのばかりですけど、このシリーズはとても面白いのでまたぜひやりたいと思っています。我こそは!という方、わたしのレコードストックはかなり偏っててしょぼいので、ぜひ打ち負かしに来てくださいね!
    タグ:DJ UST リレーDJ
    【おしらせの最新記事】
    posted by さゆぶろ at 20:52 | Comment(0) | おしらせ
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: