sayu_candy on twitter

Sayu_candy on twitter

    ふぉろーみー→

    2012年09月13日

    だんえれ/しるばーすとーん

    みんな大好きダンエレクトロですが、程度のいい中古はなかなか出会えないですね。
    時代の要請か、全体的にポップでおバカな仕上がりなのでどれも好きなのですが、
    わたしがいちばん好きなのはシルバーストーン名義の「アンプ・イン・ケース」のギターなんです。

    Silvertone Amp in case - Danelectro.jpeg

    ギターケースにアンプがついてて、つないですぐ弾ける!みたいな。
    わたしが前世で子供の頃(1975年くらい)のplayerの広告にも、
    別のメーカーでアンプ付きギターケースとか出てました。
    当時はスタジオとかギターアンプとかまだ珍しかったんだと思います。

    で、ケースのほうはどーでもよくて、このギターが好き。
    誰もが忘れてるさゆキャンディのキャラの公式設定でも、このギターを弾いています。

    sayuG.jpg

    トレス疑惑、というかトレスしてモデル起こしましたw

    シルバーストーン名義ですが、ダンエレが作ってました。グレコとフジゲンみたいな感じ?
    ダンエレは「そこそこがんばるけどおおむねてきとう」みたいな社風なのか、
    その後シルバーストーンとの提携は解消され、このモデルはシルバーストーンのほうは今は扱っていません。
    MCA傘下でのコーラル・エレクトリック・シタールとか、面白いもの作るんですけどねぇ。

    で、いちおうこのモデルは現在のダンエレで「DANO '63」という名前でリイシューされてます。

    danelectro-dano-63_3.jpeg

    オリジナルはブラックのラメみたいな色(ダンエレ)とブラウンラメ(シルバーストーン)しか見たことないので、
    カラーバリエーションはいいよね。
    ダンエレのおバカ路線全開って感じ。グリーンのやつ欲しい。
    ただ、どうしても惜しいのがヘッドの形状。
    量産ラインなので、ダンエレのよく見る瓶型ヘッドです。

    やっぱシルバーストーンのあのヘッドだよね。

    L1200789.jpeg

    いや、わかってます、ありえないだろうこの配置。チューニング合わなそうw
    でもこの無駄な面積とロゴの配置がバカすぎて好き。あと7度くらい横の角度つけたらなんとかなりそうじゃん。

    裏もすごいてきとう。

    L1200801.jpeg

    マンドリン・ペグみたいなプレート一体型だけど、上のほうとかハミ出してるじゃんw
    それでも、この無茶な形にすごいひかれますね。
    この形状はシルバーストーンのパテントで、今は真似できないのかもね。

    って事で、そこそこ妥協しつつこのギターを弾きたい!と思うなら
    DANO '63を買え、ということになりますが、リイシューもだいぶ前なので
    だいぶ市場に球数が少ないですね、かわいい色のやつはなおさら。

    いつまでもあると思うなダンエレ在庫、ってことですね。
    おこづかいを貯めて、かわいい色のに出会ったらとりあえずおさえようと思います。
    どうせベニヤなんだから、手に入れてからそこそこ鳴るようにいじるって感じかなー。

    sayuB.jpg
    posted by さゆぶろ at 21:07 | にっき

    2012年08月24日

    イベントのおしらせ 24時間イベント「愛は地球を救うを救う」@阿佐ヶ谷 にぎやかな風

    またもや直前ですが、おもしろいイベントに参加させていただきますよ。

    -------------------------

    24時間イベント「愛は地球を救うを救う」
    2012年8月25日(土)〜26日(日)

    【料金】入場無料!+ドリンク/食費有料!
    【時間】開演25日(土)18:30/終演26日(日)18:30

    【出演】成瀬晃一/はかまだ卓(サード・クラス)/茶谷恒治/安田理央(モデルプランツ、リオブラボー)/小室友莉(A.K.A小室友里)/吉田仁郎(西原理恵子バンド、ピノリュック)/さゆキャンディ(アップルヘッド、BBSN)/西本晋也(BBSN,モデルプランツ)/スズキ4423(征露丸X、ギターベイダー)/工藤祐次郎/池崎浩士/イネル/他

    詳細はこちら にぎやかな風


    -------------------------

    野獣のリリアンでご一緒していますちゃたにこうじさんのお店「にぎやかな風」にて
    ものすごい24時間イベント。
    わたしは2日め、お昼ちょっと前くらいから出演予定です。
    お店で飲んだり食べたりしながら見てもよし、
    いまのところUSTもある予定です。

    わたしは、いつもおうちでやってるUST番組「さゆすとりーむ」の出張版です。
    最近集めた貴重動画をわたしがおうちでネタ探しで
    サーチしながら見てるていでお届けします。

    最近映像付きでDJしているのですけど、だんだんネタが集まってきて
    DJイベントでは使いにくいけどおもしろいなー、みたいなのが溜まってきたので
    そんなのをみんなでゆるりと見る感じの予定。

    今のところは、すごく古い東欧のロックとその後とか、
    Bollywoodシーンの最新ヒット曲とか、そんな感じになりそうです。

    あんまりゆるいとほんとに時間がどんどん過ぎちゃうので、
    苦手ながらなるべく滑舌よくがんがります。

    あと、いつもおうちではわたし(人形)がしゃべってるですけど、
    今回はもろもろの事情で、等身大のわたしになるやもしれませんw

    Evernote%20Camera%20Roll%2020120824%20045057.jpg
    posted by さゆぶろ at 04:53 | おしらせ

    2012年08月14日

    冬瓜茶 作ってみた

    さて前回ご紹介しました、台湾で買ってきた冬瓜茶の素で
    いよいよお茶を作ってみることにしましたよ。

    冬瓜を黒糖で煮詰めたでっかい塊。

    tou01.jpg

    西門の繁華街の外れ、いい具合に庶民ぽくなるあたりにある八百屋さんで買ってきました。
    作り方は八百屋のおばちゃんや、これを教えてくれたそばやのおじいちゃんに聞いてありました。
    「ただでっかい鍋で溶かしゃいーんだよ」
    はい、そのとうりにします。

    ネットで検索しても、ただ大きい鍋で煮溶かすとしか書いてません。
    パッケージには
    「請用4500cc水煮開・依個人口感自行○酌」って書いてあるのですが、
    4500ccも入る鍋はうちにはありません。なので
    小さく砕いて少しづつ煮ようと思いました。

    tou02.jpg

    tou03.jpg

    かなり硬いものでガンガンやりましたけど無理でした、黒糖液の塊ですもんね。


    検索したら日本人の方がブログで
    わりと小さい行平鍋で無理やり煮てたので、
    心を強く持って細かいことは気にしないことにして、
    とりあえずうちでいちばん大きい鍋で、1000ccのお湯で溶くことにしました。

    沸騰したのでぼちゃんと入れた。なんだこれ。

    tou04.jpg

    もうね、アレです、煮る前から、塊のシュリンクをはがす前から
    部屋中が黒糖の甘くねっとりした香りでいっぱいです。いい匂いですけど。
    煮はじめたらさらに香りアップ。

    みんなが言うには「あっという間に溶けるから、煮込まないようにすぐ火を止めて冷ましましょう」
    との事でしたが、なかなかどうしてこんな塊なので
    そう簡単には溶けませんでした。そこそこ10分くらい煮ました。

    tou05.jpg

    真っ黒っすよ。なんだろうこれ。
    でも、香りは飲みなれた冬瓜茶の香りでいい感じです。
    黒糖の甘い香りと、たぶん冬瓜が香ばしい香り。

    あらかた溶けたので冷まします。

    tou06.jpg

    冷めたのでボトルに移して冷蔵庫へ。真っ黒やで。

    tou07.jpg

    さて、原液ができましたのであとはいつでもおいしく飲めるわけですが、
    どのくらい薄めるべきか。
    正解というか基準が欲しかったので、5月に台湾で買ったまま
    冷蔵庫でデッドストックで保管していた冬瓜茶のペットボトルと
    飲み比べながら濃度を調整しました。

    tou08.jpg

    最終的に3〜4倍のあいだくらいでした。
    考えてみたら、4500ccで溶かすべきものを1000ccで溶いたのだから
    だいたいそのくらいですよね。

    けっこう楽しく毎日飲んで、2週間くらい持ちましたよ。
    今日、1回目のボトルが終わったので2回目を煮たところです。
    作ってしまえば簡単でした。塊がなくなったのでまた台湾に買いにいかないとだ。
    でも、冬瓜茶は夏の飲み物(冬瓜は身体を冷やす効果があるらしい)なので
    もう今年は次の1本でいいかな。
    あと、この勢いでこの甘〜いお茶飲み続けてるとさすがに太りそうです。
    posted by さゆぶろ at 19:34 | にっき

    2012年08月02日

    冬瓜茶

    DSC01134.JPG

    最初に台湾行ったときにすごい気に入った冬瓜茶。
    ホテルの近所の、深夜までやってて
    おじいちゃんが日本語でがんがん話しかけてくるおそばやさんで教えてもらって以来、
    コンビニでもいつも買って常に飲んでいました。


    こんなの。これは日本戻ってから闇ルートで買った。

    cha.jpg


    作り方は、冬瓜を黒糖で煮詰めた液体を希釈して飲むだけ。
    冬瓜は漢方では、体を冷し熱をさます効果があるらしくて、
    夏の暑さを乗り切る定番ドリンクらしいです。
    でも冬瓜なんてあまりはっきりした味がないので、ほぼ黒糖の味。


    で、そばやのおじいちゃんによるとでっかい鍋で煮るだけらしいんだけど
    冬瓜から煮るのはめどい。
    で、前回台湾行ったときにお会いしたリンリンさん
    (今たんきゅんがツアーでお世話になってる台湾の方)から
    家庭で簡単に作る方法を教えてもらいました。

    冬瓜と黒糖を煮詰めた状態で固めた「冬瓜露」ってのが売ってるらしいんだけど
    そこらのスーパーには地味すぎて売っていなかったので、
    リンリンさんに地元の八百屋さんに連れてってもらって
    お店の人に聞いてもらったら、裏からどっさり出てきました。
    ほんとに家庭の定番って感じなのかな。

    こんな恐ろしい塊です。

    Evernote 20120712 22-27-04.jpg

    大きさがわからないのでペットボトルと。
    台湾のペットは600mlなので、日本のよりちょっとノッポです。

    Evernote 20120712 22-27-11.jpg

    ヤバさがなかなか伝わりにくいですが、
    ぎゅぎゅっと凝縮してるのでこの大きさでずっしり重いのです、560g強。
    そして袋からこの塊を出しただけで部屋中にぷーんと
    濃い黒糖の香りが(いい匂いですけど)。

    Evernote 20120712 22-26-55.jpg


    さてこれを作らなきゃなんですけど。
    みんなざっくばらんに「でっかい鍋で煮りゃーいいんだよ!」と
    軽くおっしゃるのですが、うちにある鍋で最大のやつで足りるんだろうか。

    パッケージを見たら
    「請用4500cc水煮開・依個人口感自行○酌」って書いてある。
    4500ccも入る鍋はうちにはありません。。。
    たぶん砕いて小さくしてから煮るか、
    少ない水で濃い目に煮溶かして飲むときに薄めるかどっちかですね。
    どっちにしろめどいなぁー。。。


    しかもこの恐ろしい塊を2個買ってきてしまいました。

    Evernote 20120802 21-10-59.jpg
    (台湾のスーパーとかお店でくれる袋ってみんなピンクのストライプだよね)


    もし作ったらまたご報告するますよ。
    でもこれ、もろに黒糖ガブ飲みドリンクだよね。
    ツイターでお友達になった台湾ハーフの人は
    「これは糖分取りすぎなので母は医者から止められています」って言ってたw
    ヤバいですねこの飲み物。
    でもま、わたしの好きな味なので作ったら薄めに飲んでみようと思います。
    飲んでみたいって人がいたら作ってお分けするますよ。


    あと缶ならアマゾンで買えます。

    posted by さゆぶろ at 21:26 | にっき

    2012年07月20日

    ライブのおしらせ ワールドトイミュージックフィルムコンサート

    もう今週末ですが、ひさしぶしにトイミュージック系のおてつだい。
    岡村みどり(Mint-Lee)さんと、ammakasie noka(マユタン)さんの新ユニット、
    「Mint-lee noka (ミントリノカ)」のお手伝いで神戸に行って来るます。

    120721-worldtoytop.jpg

    日時:2012年7月21日(土)13:00〜17:00
    会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
       〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
    料金:予約 2,000円 当日 2,500円
    主催:ノーベルセルポエム
    共催:塩屋音楽会

    詳細はこちらのサイトなど


    みんとりお姉さんはフォルティ・タワーズ、ワッツ・タワーズで
    たくさんお世話になりましたし、アマカシノカもそこそこサポートしてきたので
    気心知れた新ユニットという感じでしょうか。
    みんとりさんのソロワークスは、有名なお仕事やソロアルバムのものは存じておりますが、
    やっぱりご本人が弾いて歌うとうわーってなります。
    アマカシも新しい風が吹いた感じ。楽しいですよー。

    神戸のグッゲンハイム邸なのでロケーションもかなり楽しみ。
    お近くの方はぜひー。


    そんでひさしぶしに楽器をほじくったのですが、
    えーと、トイミュージックってどんなのだっけ?w
    なんか思ってたほどトイっぽい楽器が残ってなかった。

    toy.jpg

    カラスひさしぶし。あいかわらずいい声でした。


    追記:
    びみょうにトイっぽさUP。

    Evernote 20120720 01-52-46.jpg
    posted by さゆぶろ at 01:25 | おしらせ